2007 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 04

宗家一条流がんこラーメン十八代目 大阪・千日前店

3月11日 昼飯

ほんとはユニバのジェットコースターに乗りたかったのに、嫁がお母さん友達連中とカラオケに行くと。

「ラメちゃんもいっしょに行こ♪」

「いやじゃ!」ジェットコースター乗るよりより怖いやんけ。オイラは留守番です。

ところで、塩ラーメンで美味いのを食ったことがない私にとって、最強の塩ラーメンは、

「サッポロ一番塩ラーメン」の袋麺である。とき卵で最後に軽くとじたら最高にうまい!

でも塩ラーメンは味に限界があると感じている。

「塩」は素材そのものの旨み、甘みを引き出す料理界の「最優秀助演賞」と思っている。

それが主役になったラーメンを少しは食べたことがあったが、ことごとく裏切られてきた。

人が食っている物の味見も含めて。しかし、食わず嫌いは良くない。

というわけで、「宗家一条流がんこラーメン十八代目」へ。

着くと、行列が。あちゃ~と思ったら、隣のたこ焼屋でした。

入ると、やっぱり込んでました。10人待ってるし。節系の臭いがプ~ンとする。

ちょっと苦手かも。この手の臭い。待ってる間、たこ焼屋で並んでる奴等とやたら目が合う。

物珍しそうに見てる。お互いに。たこ焼くらい自分で作らんかい!@大阪人。

30分くらいで座れた。塩ラーメンえび油のトッピング2(チャーシュー+煮卵)を注文。

ワンタンも捨てがたかった。が、今回は王道で。

まず一口。しょっぱい。和風の風味もきつくなく、えび油の香ばしさを感じた。鳥系の風味は感じず、

裏方に回っているようだ。思ってたよりうまい。でも、しょっぱい。

麺は縮れ麺でスープが良く絡んでうまい。チャーシューは箸でつかめん位やわやわ。味は普通。

煮卵は、しょっぱいスープと一緒に口に運んだら、最高にうまい!メンマ、ネギもうまい。

しかし、関西人の私にはデフォのスープはしょっぱい。今度は塩20にしよう。

気がつけば、また行きたくなっている自分がいる。この味に慣れたら、嵌りそうな気がする。

食後かなり水を飲んで口の中をさっぱりしたはずやのに、

家に帰るまで口の中が旨みで溢れ、よだれが出てくる。

塩ラーメンを見直した。が、塩ラーメンがラーメンの種類の中で一番おいしくないのに変わりなし。

次は醤油ラーメンネギ油塩20(あるんかな醤油でも)トッピング4で行こう。


満足度  替玉1.5枚

2007..11 ラーメン 大阪市内 comment0 trackback0

黒ねこ時計 くろック B03

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ