スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はなふく (伏見区) 

2010, 02. 25 (Thu) 20:25

P1020838.jpg



ちょこちょこっとあった京都の仕事が終わってしまいました。。。

で、なんとか食べ歩けたんで紹介します~


伏見区のはなふくへ


P1020846.jpg



行ってから気付いたんですが、夜はつけ麺専門になったみたいですね~

夜開店30分前で先客1名の待ち。

開店直前には10人くらい並んでました。


メニュー


P1020834.jpg



この日はこのメニューの他に、豚骨つけ麺やったかな?も、ありましたが、店員さんに聞いてコッテリはどっち?って聞くと、鶏濃厚つけ麺の方がコッテリとのことで、それの大盛を注文です。

そしてつけ麺には珍しい?ニンニクを好みで入れれるというので、ニンニクを追加でお願いしました。


来ました~


P1020836.jpg


P1020837.jpg


P1020839.jpg




ぬはっ。ほんまに、コケッ濃厚~ヾ(≧∇≦*)/


中細の平打ち麺にスープが絡みついて、麺が重~い。。。


P1020840.jpg



具はスープの中にチャーシュー、ネギ。麺の上に煮玉子半分と水菜。

スープにはニンニクをお願いしたので、麺の風味と若干喧嘩気味でしたが、私好みなので問題なし。

豚骨で濃厚なつけ麺といえば、奈良の無心を思い浮かべますが、鶏の濃厚なつけ麺といえば、間違いなく

『はなふく』を思い浮かべるでしょうね~



もちろん、ヾ(^¬^)ノ ウマヒィ~



麺にスープが絡みまくりなので、スープが少ししか残りませんでしたがスープ割も当然頂きます。

スープ割は、卓上のポットに入った魚介スープで好みの濃さで。


P1020843.jpg



寒い日のつけ麺も、なかなか美味しゅうございました~(嬉)


お店の前の道は、車と原チャリの交通量が多く、待つ時、結構危ないので気をつけてください~




ご馳走様
関連記事

タグ:つけ麺 はなふく 伏見 鶏濃厚

- 5 Comments

よこやん  

京都食べ歩いてみたいですが

まずあっぱれに先輩とアッシを連れてってください~

2010/02/26 (Fri) 08:13 | REPLY |   

schu  

はじめまして

はじめまして こんにちわ schuと書いて「しゅう」と読むHNを持つ京都のラーメン好きです


ちなみに東成に電話するたびにタカさんに「どっちのしゅうさん?」と聞かれています(笑)


話がそれましたがいつも楽しく読ませていただいております


今回の「はなふく」ですが、一時期休業されていて、復活された後に夜をつけ麺の部とされています で、夜の部は屋号を変えて「つけ麺 わかば」として営業されていますのでご了承ください


この鶏濃厚つけ麺は本当に濃厚ですよね? 私も最初は驚きました


まさに「無心」の鶏バージョンのような濃厚さですね


京都にもたまには遠征してアゲてやってくださいね~

2010/02/26 (Fri) 19:36 | REPLY |   

しゅう  

コメントありがとうございます

> よこやん

あっぱれは足がいるから、キラ爺の出番やな!



> schuさん

初めまして。訪問、コメントありがとうございます!
字は違っても、同じ『しゅう』ということで、なんか嬉しいです~
実は、mixiでコメントしてはるのを拝見していて、schuさんのこと知っていました~

はなふくさん、夜は『わかば』になるんですね。
店主さんのブログも見てたんですが、見落としてました。情報ありがとうございます~
京都はなかなか行けないんですが、美味しいラーメンが多くて羨ましいです~

私も今度、タカくんに電話してみよ~(笑)

2010/02/26 (Fri) 22:22 | EDIT | REPLY |   

放浪犬ポテ   

夜の「はなふく」営業がなくなって、昼間がますます混雑するようになったという説があります(笑)
つけ麺には興味なかったっすけど、そんなに濃厚であれば、一度行ってみようときになりますね~。

2010/02/27 (Sat) 23:22 | REPLY |   

しゅう  

コメおおきに~

> ポテさん

ここも営業時間が短いのに、めちゃ美味しいから、そら混みますよね~
つけ麺に、ニンニクが新鮮でした~

2010/03/01 (Mon) 06:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。